映画トピックス

【エーガル】祝!第71回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞『万引き家族』絶賛上映中!

第71回カンヌ国際映画祭におきまして、是枝裕和監督の最新作『万引き家族』が、最高賞であるパルム・ドールを受賞しました。
これは、1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来、21年ぶりの快挙です。
審査員長の女優・ケイト・ブランシェットさんや、審査員の1人『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らも絶賛のこの作品。

福山市内では、6/8(金)より「エーガル8シネマズ」にて上映中。
7月中旬より「シネマモード」にて上映を予定しております。

家族を描き続けてきた是枝裕和監督が、“家族を超えた絆”を描く衝撃の感動作を、是非スクリーンでお楽しみください。



<『万引き家族』(あらすじ)>

治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。



<主な是枝監督作品と受賞歴など>

2004年『誰も知らない』   第57回カンヌ国際映画祭 最優秀主演男優賞
2013年『そして父になる』  第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞
2015年『海街diary』     第39回日本アカデミー賞 最優秀作品賞
2016年『海よりもまだ深く』 第69回カンヌ国際映画祭 ある視点部門出品
2017年『三度目の殺人』   第41回日本アカデミー賞 最優秀作品賞
そして…
2018年『万引き家族』 第71回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール(最高賞)

フューレックのトピックスをRSSで購読する

RSS登録について
RSS登録をすれば更新のたびにRSSリーダーを通してあなたのパソコンに更新を通知できます。
詳しくはこちらから→RSSについての情報を検索