福山エーガル8シネマズ

Coming soon 公開予定作品

公開予定日

  • エーガル8シネマズのみ表示
  • シネマモードのみ表示
  • 5月3日公開

    • シネマモード

      ROMA ローマ ※R15+

      『ゼロ・グラビティ』で第86回アカデミー賞監督賞に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督が、1970年代のメキシコを舞台に描く人間ドラマ。キュアロン監督の子供時代の思い出を投影した物語が、若い家政婦を中心に展開する。ヤリッツァ・アパリシオが家政婦を演じ、ドラマシリーズなどに出演してきたマリーナ・デ・タビラらが共演。

      監督

      アルフォンソ・キュアロン

      出演者

      ヤリッツァ・アパリシオ
      マリーナ・デ・タビラ

    • エーガル8シネマズ前売り券

      映画 賭ケグルイ

      監督

      英勉

      出演者

      浜辺美波
      高杉真宙
      宮沢氷魚
      福原遥

    • エーガル8シネマズ

      名探偵ピカチュウ【IMAX版あり】

      ポケモンの世界がついにIMAXに。
      ハリウッド感電超大作を体感せよ。 

      世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが名探偵ピカチュウの声を担当。「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のジャスティス・スミスが主人公ティム、渡辺謙がヨシダ警部を演じる。監督は「グースバンプス モンスターと秘密の書」のロブ・レターマン。

      監督

      ロブ・レターマン

      出演者

      ジャスティス・スミス
      キャスリン・ニュートン
      渡辺謙
      ビル・ナイ

  • 5月10日公開

    • エーガル8シネマズ

      僕に、会いたかった

      EXILE TAKAHIROが映画単独初主演を務め、記憶喪失の漁師役を演じた人間ドラマ。主人公の母を松坂慶子が演じるほか、名バイプレーヤーの小市慢太郎、「くちびるに歌を」の山口まゆ、「ソロモンの偽証」の板垣瑞生らが共演。「渾身 KON-SHIN」など島根県の隠岐諸島を舞台にした作品を手がけ、今作でも同地を舞台に描く錦織良成監督がメガホンをとった。

      監督

      錦織良成

      出演者

      TAKAHIRO
      山口まゆ
      柴田杏花
      小市慢太郎
      松坂慶子

    • シネマモード

      家族のレシピ

      シンガポール、日本、フランス合作による食と家族の絆をテーマにしたヒューマンドラマ。亡き母の故郷を訪ねた青年が、バラバラになった家族を再び結び付けようと奔走する。メガホンを取るのは『TATSUMI マンガに革命を起こした男』などのエリック・クー。『blank13』で監督を務めた斎藤工、歌手の松田聖子をはじめ、伊原剛志、別所哲也らが顔をそろえる。

      監督

      エリック・クー

      出演者

      斎藤工
      マーク・リー

    • シネマモード

      僕がジョンと呼ばれるまで

      日本で開発された脳活性化プログラムを基に、アメリカの高齢者介護施設で行われた認知症改善の取り組みを追ったドキュメンタリー。読み書き、計算を通じ認知症改善を目指す「学習療法」に挑戦することで、プログラムに参加する人たちが再び笑顔と自分らしさを取り戻していく様子を映し出す。当初は会話もかみ合わず、家族や自分自身のこともわからなかった老人たちが再び趣味やおしゃれを楽しみ、積極的にコミュニケーションを取るようになっていく姿に感動。

      監督

      風間直美

    • シネマモード

      轢き逃げ 最高の最悪な日

      30年来の夢であった“タップダンス”を題材にした映画「TAP -THE LAST SHOW-」で監督デビューを飾り、圧巻のダンス映像と深い人間洞察からくる演出で、監督として確かな一歩を踏み出した水谷豊。監督2作目は、他人には見せる事のない“人間の心の奥底にあるもの”を映画として描く。エンターテインメントの最前線に50年以上立ち続けている水谷豊が挑む「新たなる世界」が生まれようとしている。

      監督

      水谷 豊

      出演者

      中山麻聖
      石田法嗣 
      小林涼子

  • 5月17日公開

    • シネマモード

      まく子

      直木賞受賞作「サラバ!」などで知られる西加奈子の小説が原作のドラマ。小さな温泉街を舞台に、転入してきた美少女の秘密を知ったことで成長していく少年の姿を映す。メガホンを取るのは、『うつろいの標本箱』などの鶴岡慧子。『真夏の方程式』などの山崎光、『Blue Wind Blows』の新音、『ハート・オブ・ザ・シー』などの須藤理彩、『クソ野郎と美しき世界』などの草なぎ剛が出演する。草なぎは多感な十代の少年を子供に持つ父親にふんしている。

      監督

      鶴岡慧子

      出演者

      山崎光
      新音

    • シネマモード

      愛がなんだ

      『八日目の蝉』『紙の月』などの原作で知られる直木賞作家・角田光代の恋愛小説を映画化。好きになってくれない相手をいちずに追う女性の恋模様を描く。ヒロインに『おじいちゃん、死んじゃったって。』などの岸井ゆきの、彼女を翻弄(ほんろう)する男性を『ニワトリ★スター』などの成田凌が演じる。『パンとバスと2度目のハツコイ』などの今泉力哉がメガホンを取った。

      監督

      今泉力哉

      出演者

      岸井ゆきの
      成田凌

    • シネマモード

      蒼穹のファフナー THE BEYOND

      監督

      能戸隆

      出演者

      喜安浩平
      石井真
      入野自由

    • エーガル8シネマズ

      コンフィデンスマンJP

      監督

      田中亮

      出演者

      長澤まさみ
      東出昌大
      小手伸也
      小日向文世

    • エーガル8シネマズ

      居眠り磐音

      佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」シリーズを松坂桃李の時代劇初主演で映画化。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。NHK木曜時代劇「ちかえもん」を手がけた藤本有紀が脚本を担当。

      監督

      本木克英

      出演者

      松坂桃李
      木村文乃
      芳根京子
      柄本佑
      杉野遥亮

    • エーガル8シネマズ

      うちの執事が言うことには

      高里椎奈の人気小説シリーズをアイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉の映画初主演作として実写映画化。頭脳明晰なメガネ男子の御曹司・花穎役を永瀬が演じ、同じく「King & Prince」の神宮寺勇太が赤目家の御曹司・赤目刻弥役、清原翔が執事の衣更月役をそれぞれ演じる。

      監督

      久万真路

      出演者

      永瀬廉
      清原翔
      神宮寺勇太
      優希美青
      神尾楓珠

  • 5月24日公開

    • シネマモード

      バイス

      ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描く社会派ドラマ。アダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレルをはじめ、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスタッフ・キャストが再び集結。ベイルは大幅な肉体改造を行い、チェイニー副大統領にふんした。エイミー・アダムス、サム・ロックウェルらが共演している。

      監督

      アダム・マッケイ

      出演者

      クリスチャン・ベール
      エイミー・アダムス

    • シネマモード

      ビューティフル・ボーイ ※R15+

      『オーバー・ザ・ブルースカイ』などのフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲンが監督を務めた愛と再生の物語。人気ドラマの脚本家の実話に基づいて、依存症の息子とその家族が歩んだ苦難の日々を描く。『フォックスキャッチャー』などのスティーヴ・カレルと、『君の名前で僕を呼んで』で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメが親子役で共演。ブラッド・ピットがプロデュースを担当している。

      監督

      フェリックス・バン・ヒュルーニンゲン

      出演者

      スティーブ・カレル
      ティモシー・シャラメ

    • シネマモード

      母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

      WEBマガジン「くらげバンチ」で連載された原作者の宮川サトシの実体験をつづったエッセイ漫画を実写映画化。がんを告知された母と息子が過ごした日々と、その後の物語を描く。主人公は『愛しのアイリーン』などの安田顕、母親を『あやしい彼女』などの倍賞美津子が演じるほか、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司らが共演。監督を務めるのは『日日是好日』などの大森立嗣。

      監督

      大森立嗣

      出演者

      安田顕
      倍賞美津子

    • エーガル8シネマズ

      貞子

      Jホラーブームの火付け役となった世界的ヒット作「リング」シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を、シリーズ第1作などを手がけた中田秀夫監督のメガホンで描いた。鈴木光司の小説「タイド」を原作に、SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを描き出す。池田エライザが茉優役で主演を務め、塚本高史、清水尋也が共演。

      監督

      中田秀夫

      出演者

      池田エライザ
      塚本高史
      清水尋也
      姫嶋ひめか
      桐山漣

    • エーガル8シネマズ

      空母いぶき

      「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの姿を描く。西島が、航空自衛隊のパイロットとしての実績を買われていぶき艦長に抜擢された秋津竜太、佐々木が、海上自衛隊の生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也を演じる。監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの大作を手がけてきた若松節朗。脚本は「機動警察パトレイバー」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。「ローレライ」「亡国のイージス」などで知られる作家の福井晴敏が企画に携わっている。

      監督

      若松節朗

      出演者

      西島秀俊
      佐々木蔵之介
      藤竜也
      村上淳

    • エーガル8シネマズ

      プロメア

      監督

      今石洋之

  • 5月25日公開

    • エーガル8シネマズ

      武蔵-むさし-

      剣豪として名をはせた新免武蔵を題材にした時代劇。剣の達人として成長し宿敵との対決に挑むまでを、周辺の人々の動向も見つめた群像劇スタイルで活写する。メガホンを取るのは『蠢動 -しゅんどう-』などの三上康雄。『ウルトラマンX』シリーズなどの細田善彦、ドラマ「暴れん坊将軍」シリーズなどの松平健、『将軍 SHOGUN』などの目黒祐樹をはじめ、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水紘治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮らが出演している。

      監督

      三上康雄

      出演者

      細田善彦
      松平健

  • 5月31日公開

    • シネマモード

      マイ・ブックショップ

      『ナイト・トーキョー・デイ』などのイザベル・コイシェ監督が、イギリスのブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説を映画化。田舎町で亡き夫との念願だった書店を開業しようとするヒロインを描く。主演は『レオニー』などのエミリー・モーティマー、共演に『ラブ・アクチュアリー』などのビル・ナイ、コイシェ監督作『しあわせへのまわり道』にも出演したパトリシア・クラークソンら。

      監督

      イザベル・コイシェ

      出演者

      エミリー・モーティマー
      ビル・ナイ

    • シネマモード

      麻雀放浪記2020 ※PG12

      阿佐田哲也の小説を、『blank13』で監督としても活動している『昼顔』シリーズなどの斎藤工主演で映画化したドラマ。舞台を終戦直後から2020年へと移し、1945年からやってきた主人公が、麻雀で死闘を繰り広げる。『孤狼の血』などの白石和彌が監督を務め、脚本を『東京闇虫』シリーズなどの佐藤佐吉が手掛ける。

      監督

      白石和彌

      出演者

      斎藤工
      もも
      ベッキー

    • エーガル8シネマズ

      パラレルワールド・ラブストーリー

      2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛を描いた東野圭吾の異色恋愛小説を、「Kis-My-Ft2」の玉森裕太主演、吉岡里帆と染谷将太の共演で実写映画化。玉森が崇史役、吉岡が麻由子役、染谷が智彦役をそれぞれ演じる。監督は「宇宙兄弟」「聖の青春」の森義隆。

      監督

      森義隆

      出演者

      玉森裕太
      吉岡里帆
      染谷将太
      筒井道隆

    • エーガル8シネマズ

      長いお別れ

      初の商業映画監督作「湯を沸かすほどの熱い愛」が日本アカデミー賞ほか多数の映画賞を受賞するなど高い評価を獲得した中野量太監督が、認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説「長いお別れ」を映画化。これまでオリジナル脚本作品を手がけてきた中野監督にとっては、初の原作ものとなった。一家の次女・芙美役を蒼井優、長女・麻里役を竹内結子、母・曜子役を松原智恵子が務め、認知症を患う父・昇平を山崎努が演じた。

      監督

      中野量太

      出演者

      蒼井優
      竹内結子
      松原智恵子
      山崎努

    • エーガル8シネマズ

      ゴジラ キング・オブ・モンスターズ【IMAX版あり】

      IMAXで王が目醒める。

      監督

      マイケル・ドハティ

      出演者

      カイル・チャンドラー
      ベラ・ファーミガ
      ミリー・ボビー・ブラウン