地方ではあまり上映されないアニメ作品の上映や声優イベントに力注ぐ福山駅前シネマモードでは、「フクヤマニメ4」と「ARTS for the future!」の力を借り、新たにアニメクリエーターの新たな才能の発掘イベント「Furec ARTS For The future!2021もえろ!フクヤマニメFes」を開催する事となりました。皆様のアニメ作品発表の場、そして、これからアニメ業界を志望する若者を応援し才能の発掘の場として進めてまいります。ぜひ、みなさまのご応募お待ちしております。

【募集期間】
2021年7月1日(木)~ 8月31日(火)

【募集作品】
1分~10分のアニメーション作品
アニメーションであれば、制作方法は問いません(手描き、CG、人形、クレイ、切り絵…etc )新旧は問いません。時間は前後のクレジットを含む総時間です。

【参加資格】
・応募者は、個人・団体、学生・一般、プロ・アマを問いません。
商業公開※1済みの作品及び商業公開が決定している作品の応募は不可
・日本語以外の言語で制作された場合は日本語字幕を付けてください。
・応募は1人(1グループ)1作品とさせていただきます。
※1商業劇場とは上映・テレビ放映・ビデオ・DVD・Blu-rayレンタル・販売、web有料配信など

【賞】
・ダイヤモンドグラミネーション1作品 盾+10万円
・シャイングラミネーション1作品 盾+5万円
・審査員特別グラミネーション1作品 盾+3万円
※各グラミネーションに選ばれた作品には制作費(上映料含む)として10~3万円をお支払いします

【選考結果発表】
2021年10月23日(土)又は24日(日)に福山駅前シネマモード表彰式にて発表

【選考方法】
・一次選考…フクヤマニメ実行委員会により指定されたクリエイター・フクヤマニメ関係者ほか選考員にて入選作品を決定
・二次選考…フクヤマニメ実行委員会により指定されたクリエイター・業界関係者4名の審査員にて、入選作品の中から3賞を決定(審査員は後日発表予定)
※応募数によっては選考は1回の場合もございます
※選考結果は表彰式で発表します(表彰式まで選考結果についてはお答えしません)

【審査員長】 羽原信義さん(はばらのぶよし)
1963年生まれ。広島県福山市出身。城東中学在学中に初めてセル画を制作。大門高校在学中にアニメサークル「studio MAPLE」を結成しアニメを自主制作。1982年アニメーターとしてキャリアスタート。主な作品『マシンロボ クロノスの大逆襲』(キャラクターデザイン)、『ジャンケンマン』(キャラクターデザイン)、『D•N•ANGEL』(監督)、『蒼穹のファフナー』(監督)、『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』(監督)、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』(絵コンテ・演出)など、これまで100作以上の人気作・話題作を手掛ける。2019年にSUNRISE BEYOND 取締役に就任。現在、新作『境界戦機』(監督)を制作中。

【審査員】笠間寿高さん(かさまのぶたか)
1977年生まれ 広島県広島市出身
広島県立祇園北高等学校、山口大学経済学部を経て、1999年よりアニメ業界へ。『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ(ラインプロデューサー・アニメーションプロデューサー)、『岸部露伴は動かない』(アニメーションプロデューサー)、『ベン・トー』(ラインプロデューサー)、『ストライクウィッチーズROADtoBERLIN』(プリプロプロデュース)など。現在新作を準備中。デイヴィッドプロダクション取締役。




          ※文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業