福山エーガル8シネマズ

Coming soon 公開予定作品

公開予定日

  • エーガル8シネマズのみ表示
  • シネマモードのみ表示
  • 1月21日公開

  • 1月22日公開

    • エーガル8シネマズ

      37セカンズ ※PG12

      手足が不自由な主人公が外の世界へ飛び出す姿を描き、第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門最高賞(観客賞)などを受賞したヒューマンドラマ。障害者の主人公が成長していく過程が描かれる。監督はアメリカで映画を学び、本作で長編デビューを果たしたHIKARI。主演をオーディションで選ばれた実際に障害のある佳山明が務め、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、渋川清彦、板谷由夏らが脇を固める。

      監督

      HIKARI

      出演者

      佳山明
      神野三鈴

    • シネマモード

      ホモ・サピエンスの涙

      『散歩する惑星』『さよなら、人類』などのロイ・アンダーソンが監督を務めた異色のドラマ。年齢も性別も時代も違う人々が織り成す笑いと涙の物語が、ワンシーンワンカット撮影や手描きの背景画、模型の使用といった独特の手法でつづられていく。マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルムらが出演する。

      監督

      ロイ・アンダーソン

      出演者

      マッティン・サーネル
      タティアーナ・デローナイ

    • シネマモード

      私をくいとめて

      芥川賞作家・綿矢りさの小説を原作に、アラサー独身女性と年下男性が織り成す不器用な恋模様を描くラブストーリー。脳内にいるもう一人の自分を相談役にシングルライフを満喫するヒロインが、思いも寄らず恋心を抱く。監督・脚本を、綿矢原作の『勝手にふるえてろ』などの大九明子が務めた。ヒロインを『星屑の町』などののん、彼女のことが好きな年下男性を『おっさんずラブ』シリーズなどの林遣都が演じる。

      監督

      大九明子

      出演者

      のん
      林遣人

    • シネマモード

      私たちの青春、台湾

      台湾で起きた、学生たちによる民主化運動を追ったドキュメンタリー。2014年の「ひまわり運動」を先導した人物と、中国人留学生ブロガーの活動から、台湾の民主化の道のりとその後の歩みを追いかける。フー・ユーが監督を務め、チェン・ウェイティン、リン・フェイファン、ツァイ・ボーイーの各氏らが出演している。本作は第55回台湾金馬奨最優秀ドキュメンタリー賞と、第20回台北映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を受賞している。

      監督

      フー・ユー

      出演者

      チェン・ウェイティン
      ツァイ・ボーイー

    • エーガル8シネマズ

      さんかく窓の外側は夜 ※PG12

      漫画家ヤマシタトモコによるミステリーコミックを、岡田将生と志尊淳の主演で実写映画化。霊をはらうことができる除霊師と、霊が見える書店員がコンビを組み、連続殺人事件に挑む。物語の鍵を握るヒロインに平手友梨奈がふんし、滝藤賢一、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆らが共演。『おじいちゃん、死んじゃったって。』などの森ガキ侑大が監督を務め、『本能寺ホテル』などの相沢友子が脚本を手掛けた。

      監督

      森ガキ侑大

      出演者

      岡田将生
      志尊淳

  • 1月29日公開

    • シネマモード

      白爪草

      全キャストがVtuberで展開するワンシチュエーションサスペンス。6年ぶりに再会を果たす双子の姉妹の様子と、6年前に彼女たちに起こったことの真相をスリリングな演出と共に映し出す。人気Vtuberの電脳少女シロが双子の姉妹を演じるほか、もこ田めめめ、カルロ・ピノ、花京院ちえり、神楽すず、ヤマト イオリらが声優を務める。

      出演者

      電脳少女シロ

    • シネマモード

      アイヌモシリ

      北海道阿寒湖にあるアイヌの集落アイヌコタンを舞台にしたドラマ。アイヌ文化と距離を置くようになっていた集落の少年が、亡き父の友人とのやり取りを通じて民族のアイデンティティーを強く意識していく。監督は『リベリアの白い血』などの福永壮志。下倉幹人、秋辺デボ、アイヌ工芸作家の下倉絵美をはじめ、三浦透子、リリー・フランキーらが出演する。

      監督

      福永壮志

      出演者

      下倉幹人
      秋辺デボ

    • シネマモード

      さくら

      2005年に出版された作家・西加奈子の小説を映画化したファミリードラマ。兄の交通事故をきっかけに運命が激変する3兄妹と愛犬との関係を描く。長男を『ママレード・ボーイ』などの吉沢亮、次男を『君は月夜に光り輝く』などの北村匠海、妹を『さよならくちびる』などの小松菜奈が演じる。メガホンを取るのは『ストロベリーショートケイクス』などの矢崎仁司。

      監督

      矢崎仁司

      出演者

      北村匠海
      小松菜奈
      吉沢亮

    • エーガル8シネマズ

      ヤクザと家族 The Family

      『新聞記者』などの藤井道人監督がメガホンを取り、一人のヤクザの生きざまを三つの時代に分けて描くヒューマンドラマ。ヤクザになった男が大切な仲間や恋人と出会うも、暴力団対策法が施行されたことにより波乱が起きる。主人公のヤクザを『新宿スワン』シリーズや『楽園』などの綾野剛、主人公と父子の契りを結ぶ組長を『終わった人』などの舘ひろしが演じるほか、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗などが共演する。

      監督

      藤井道人

      出演者

      綾野剛
      舘ひろし

    • エーガル8シネマズ

      名も無き世界のエンドロール

      第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の「名も無き世界のエンドロール」を原作にしたサスペンス。表と裏の社会でのし上がった幼なじみの青年たちの運命が描かれる。監督は『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市。『去年の冬、きみと別れ』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』などの岩田剛典、『OVER DRIVE』『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑らが出演する。

      監督

      佐藤祐市

      出演者

      岩田剛典
      新田真剣佑

    • エーガル8シネマズ

      花束みたいな恋をした

      『コーヒーが冷めないうちに』などの有村架純と『帝一の國』などの菅田将暉を主演に迎えた恋愛物語。東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃してたまたま出会った男女と、全ての事柄が絡み合いながらリンクしていく様子を描写する。有村が主演を務めた『映画 ビリギャル』などの土井裕泰が監督を務め、ドラマ「東京ラブストーリー」「カルテット」などの脚本家・坂元裕二が脚本を書き下ろした。

      監督

      土井裕泰

      出演者

      菅田将暉
      有村架純